【超簡単】煮込まない本気のアクアパッツァ

「【超簡単】煮込まない本気のアクアパッツァ」のアイキャッチ画像

イタリア料理の定番、アクアパッツァ。なんとなく、魚を使った料理だとわかる人は多いと思いますが、「自分で料理をするのは難しそう・・・」って思っていませんか。

アクアパッツァとは、ブイヨンなどを使わず、水やトマトソース、白ワインなどでお魚を煮込んだ煮込み料理のことですが、魚を煮込まないアクアパッツァの作り方をご紹介します。

今回のレシピは、魚を煮込む工程を踏まないレシピなので、魚がボロボロになるなどの失敗をする可能性が低くなり、なおかつ、出汁の味がしっかり聞いたとても簡単レシピです。

また、魚を煮込まないことで、魚本来の旨味がしっかり味わえる、東京・恵比寿にあるBaruComodoの人気レシピです。ぜひこの週末にご自宅で作ってみてはいかがですか。

作り方の動画はこちら↓

【材料】

  • トマト(1/2)
  • ニンニク(2片)
  • 海老(2尾)
  • 魚(一尾)
  • 塩(適量)
  • オリーブオイル(30ccを2回)
  • 白ワイン(100cc)
  • ケーパー(小1)
  • オリーブ(5、6個)
  • タイム(ひとつまみ)
  • アサリ(お好みで10個程度)

手順

① トマトを大きめに切り、ニンニクを包丁で潰します。魚は皮面に十字の切れ目を入れ塩をふります。


② 温めたフライパンにオリーブオイルを入れ、中火で魚を皮面から焼き、しっかり火を通す。

③ 別のフライパンにオリーブオイル、潰したニンニクを入れ、じっくり火を入れる。

④ ニンニクに色がついたら、魚の頭とエビの頭を炒める。

⑤ フライパンを火から離し、白ワインを入れる。

⑥ ケーパーと軽く潰したオリーブを入れ、強火で火入れする。

⑦ 水を150cc程度入れる。

⑧ タイム、トマト、アサリを入れ、魚の頭に火が入るまで煮込む。

⑨ 海老とイカを入れ、海老の色が変わるまで煮込む。

⑩ 煮込み終わったら、お皿に盛り付け、最後に魚を上にのせて完成。

YouTubeのチャンネル登録も是非よろしくお願いします。
https://www.youtube.com/channel/UCcGBogqUxI9wOp1VSuZWPTA/?sub_confirmation=1

監修:大賀 慎二(BaruComodo
写真:Makoto Shikuya(Fede) 
文:Daisuke Kinoshita(PLUS ULTRA,inc

この記事を書いた人

Daisuke Kinoshita

Daisuke Kinoshita

Vincent Laforet氏の写真に魅了され、NewYork旅行中に海外留学を決断。帰国後すぐに準備を始め3年間の渡米。帰国後は広告代理店に10年間勤め独立。現在Plus Ultra inc.代表として写真・映像を始め、様々な広告デザイン業務に従事。その傍ら、Blaze a trailの立ち上げに参加し、記事の執筆を開始。食べること、旅すること、メカなど趣味も多岐にわたる。最近買ったLeicaで原点に立ち返り写真を堪能中。instagramにてblatraの裏側と称して、写真を投稿中。

投稿者の記事一覧