1. HOME
  2. GOURMET
  3. FOOD
  4. おつまみに、朝食に、おやつにぴったりブルスケッタ風パンピザ
FOOD

おつまみに、朝食に、おやつにぴったりブルスケッタ風パンピザ

Le Monde Fantastique 【VOL.14】 海老のブルスケッタ風パンピザ

もしもアンチョビが余ってしまったなら・・・・と書き出しましたが、「あるある」となかなかなりませんね。

でも、先日ご紹介した「アンチョビソテー」や「とろ〜りチーズと冷凍野菜のオーブン焼き」を缶詰のアンチョビを使うと残ってしまいます。そう、今回ご紹介するのは残ったアンチョビでちょちょっとおつまみを、翌朝の朝食に、お子様のおやつにぴったりのブルスケッタ風パンピザです。

ブルスケッタはイタリアの軽食だ

おつまみや前菜で登場するブルスケッタは、そもそもイタリアのローマ地方の方言で「火であぶる」を意味するブルスカーレが語源とされ、イタリア中部の郷土料理で、簡単に言えばトーストなんです。

アレンジは多彩で、パンにチーズ、トマト、アボガド、生ハム、アンチョビなどなどで、個人的にガーリックトーストももしかしてブルスケッタに位置するの?と思うほど、どんな食材でもブルスケッタと呼べるようです。実際、ガーリックトーストをブルスケッタと呼ぶのかどうかはわからないのですが・・・・

海老のブルスケッタ風パンピザ

調理時間目安:5分

材料

  • アンチョビ(バケット1枚につき1)
  • トマトソース(大さじ1杯)
  • バケット(2切れ)
  • モッツァレラチーズ(40g)
  • 塩(少々)
  • エビ(2匹)

① バケットの上に、トマトソースを塗り、モッツァレラチーズをのせ、アンチョビ、開いたエビをのせます。

軽く塩を振りかけ、3分ほどオーブンで焼き上げます。

お皿に盛り付け、香りつけにオリーブオイルをかけて完成です。

次回は、読者さんから多くの声をいただいていたソースをご紹介します。次回もこれさえ作ればいろんな料理に応用できる万能ソースです。お楽しみ。

文:Daisuke Kinoshita(Plus Ultra inc.) 写真:Makoto Shikuya(fede)

アンチョビを使ったそのほかのレシピ