1. HOME
  2. GOURMET
  3. FOOD
  4. イタリアンのつもりが、今回は子供も大好き和風ハンバーグ。イタリアンでなくてごめんなさい。
FOOD

イタリアンのつもりが、今回は子供も大好き和風ハンバーグ。イタリアンでなくてごめんなさい。

今回は、緊急企画。自粛期間にお子様と一緒にハンバーグ作ってみませんか?

空想レストラン”Le Monde Fantastique” 第五弾。今回は、お子様大好きハンバーグをご紹介します。

VOL.5 和風ハンバーグ

今回はめんつゆを入れて混ぜ合わせるため、ソースが必要ないほど味がついています。お好みで大根おろしと一緒に召し上がればさっぱりとした味わいにもなりますので、是非お楽しみください。

調理時間はたったの10分

材料
  • 豚挽肉(180g)
  • きのこ(50g)
  • 塩 (1g前後)
  • めんつゆ(15cc)
  • パン粉(20g)
  • サラダ油(5cc)

早速、調理開始!

① きのこを刻み、軽く塩を振り炒めておき、冷まします。

②豚挽肉・きのこ・塩・めんつゆ・パン粉を混ぜ合わせます。

Point①
豚挽肉は冷やした状態で使った方が肉汁が閉じ込められます。10°c以上になると水分が出てきてしまうので混ぜ合わせる具材は冷やしておきましょう。

 

③よく混ぜ合わせたら半分くらいに分け、形を整えながらキャッチボールのように両手の手のひらにタネを5往復程度打ちつけて空気を抜きます。

Point②
空気をうまく抜く事でひび割れを防止することができます。同時に、うまみを閉じ込めることもできますので、しっかり空気を抜きましょう。

④空気が抜けたら、くぼみをつけて焼きます。

Point③
肉は焼くと縮むため、くぼみをつけることで均等に火を通すことができます。

⑤フライパンを温め、サラダ油を引きます。

⑥よく温まったら、肉をのせ中火で3分ほど蓋をして蒸し焼きにします。

⑦3分たったら1分ほど蓋を外して焼きひっくり返します。

⑧反対面も同じく3分ほど蒸し焼きにして、蓋を外します。

⑨最後に箸や爪楊枝などをさして、肉汁が赤くなければ焼き上がりです。

今回ご紹介した和風ハンバーグの付け合わせは、大根おろしや大葉、梅などとの相性が良いですが、ポン酢などで食べる場合は、めんつゆの量を減らすと味がくどくなくてよいと思います。また、お子様の苦手食材を細かくして混ぜ合わせてあげると、嫌がらずむしろ喜んで食べてくれるはずです。ぜひ具材を変えて挑戦してみてください。

次回は、意外に簡単“イタリア風ガパオライス”をご紹介します。

編集部からのお願い

皆さんも実際に作って、感想とともに写真と#BLATRAをつけて是非インスタに投稿をお願いします。

文:Daisuke Kinoshita(Plus Ultra inc.) 写真:Makoto Shikuya(fede)

オススメ記事

反響の多かった記事