USEUM SAGA 2021開催!わざわざ食べに行く価値あり!

「USEUM SAGA 2021開催!わざわざ食べに行く価値あり!」のアイキャッチ画像

「USEUM SAGA(ユージアムサガ) 」

それは、美術館(MUSEUM)に飾るような人間国宝などの器を使い(USE)、佐賀の食材を才能豊かな料理人たちの技で仕上げた料理が楽しめる期間限定のレストランイベント。

「USEUM SAGA 2021」がarita huis(アリタハウス)レストランを舞台に、2021年7月3日(土)から7月25日(日)までの金曜日、土曜日、日曜日のみの期間限定で開催されます。

レストランの詳細などは後日改めてお伝えしますが、取材先でたまたま味わった増永琉聖シェフの料理に魅了され、レストランのご紹介よりも先に、BLATRAとしては初めてプロモーション情報をご紹介します。

期日が迫っているため、レストランのご紹介より先となりましたが、時間があれば伺いたい、arita huisのレストランはそう思わせてくれるレストランでした。

別の取材でたまたま宿泊したarita huis。

当初は1日だけ夕食をいただく予定でしたが、翌日に予定していたレストランを取りやめ、2日連続で食べに伺ったほど、楽しいひと時を過ごせました。

Special Weekendsは7月3日および4日の開催となり、残念ながらお伺いすることができませんが、ご都合があえばぜひ食べに行ってもらいたい、宿泊してもらいたい。そんなオーベルジュで過ごせるスペシャルイベント。

Special Weekendsでなくても楽しめますが、Special Weekendsがどんな感じなのかについては興味津々です。

※TOP写真はご本人への撮影許可済みで、BLATRAのオリジナル写真です。転載などはご遠慮ください。

—–以下、PRとなります。—–

食材 × 器 × 料理人「サガマリアージュ」

佐賀県は、「食材」と「器」と「料理人」を組み合わせ、調和させることによって新しい価値を創造する「サガマリアージュ」に取り組んでおり、県内料理人と食材・器の作り手たちが知識や技術、感性などを共有する研究会「サガマリアージュラボ」を創設。この活動における経験を表現・発信する舞台として、美術館(MUSEUM)に飾るような人間国宝などの器を使い(USE)、佐賀の食材を才能豊かな料理人たちの技で仕上げた料理が楽しめる期間限定のレストランイベント「USEUM SAGA 2021」(ユージアムサガ)が開催されることとなりました。

開催期間中、7月3日(土)、4日(日)の2日間は特別に、トップシェフと次代を担う県内料理人とのコラボレーションイベントとして、東京・代官山「abysse(アビス)」オーナーシェフの目黒浩太郎氏を招き、「arita huis(アリタハウス)」の若きシェフ増永琉聖氏とともに、スペシャルコースメニューを提供いただきます。

7月9日(金)以降のSpecial Weekendsは、arita huis 増永琉聖シェフによる USEUM SAGA 限定メニューの提供となります。

イベント詳細および、ご予約は、「USEUM SAGA 2021」専用ウェブサイト(https://www.useumsaga.com)にてご確認ください。

Information

開催日時 2021年7月3日(土)から7月25日(日)までの金曜日、土曜日、日曜日
開催場所 arita huis(アリタ ハウス)
参加方法 完全予約制・有料 専用ウェブサイトよりご予約ください https://www.useumsaga.com

4 Hands Collaboration トップシェフとのコラボレーションイベント

〔出演シェフ〕
 ・目黒 浩太郎(めぐろ こうたろう) abysse(アビス) オーナーシェフ 東京・代官山
 ・増永 琉聖(ますなが りゅうせい) arita huis(アリタハウス) シェフ 佐賀・有田

〔日程〕7月3日(土)、4日(日)の2日間のみ
   ・昼の部(3日、4日両日) 12時開始
   ・夜の部(3日のみ) 18時開始

〔定員〕各回ペア10組(20名)、計30組(60名)

〔料金〕スペシャルコース 22,000 円 / アルコールペアリング 11,000 円 / ノンアルコールペアリング 5,000 円
  ※アルコール又はノンアルコール、いずれかのペアリングの注文が必要
  ※金額は全て消費税・サービス料込み
  ※予約受付時に事前決済

Special Weekends arita huis シェフによる USEUM SAGA 限定メニュー

〔日程〕7月9日(金)から25日(日)までの金曜日、土曜日、日曜日のみ(計9日間)
   ・ランチ  12 時開始
   ・ディナー 19 時開始

〔定員〕各回8組(最大20名) ※1組1名から4名まで

〔料金〕USEUM SAGA 限定メニュー ランチ 6,000 円 / ディナー 12,000 円
  ※ディナーのみ日本酒ペアリングを用意 3,000 円
  ※金額は全て消費税・サービス料込み
  ※当日、レストランでの決済

〔問い合わせ先〕 arita huis(アリタハウス)TEL:0955-25-8018
  ※9 時から11 時、14 時から17 時の時間帯のみ対応可能

サガマリアージュ 食材×器×料理人

美術館に飾るような器で佐賀の美食を楽しむプレミアムレストラン 

佐賀県では、有田焼創業400 年事業や肥前さが幕末維新博覧会、アジアベストレストラン50 などを契機に、「食材」と「器」と「料理人」を組み合わせ、調和させることによって新しい価値を創造する「サガマリアージュ」に取り組んでいます。

これにより、佐賀が世界に誇るべき「食材」と「器」の価値に気づき、これらを磨き上げ、新たな価値を創造する料理人が育ちつつあることから、今年度より、これまでの成果を受け継ぎ、「サガマリアージュ」を進化させて、トップシェフを目指す県内料理人や料理人を志す学生などのスキルアップを目的とした取組
をスタートさせたところです。


この取組では、県内料理人と食材・器の作り手たちが知識や技術、感性などを共有する研究会「サガマリアージュラボ」を創設し、互いのスキルアップにつなげる活動を行っていますが、今回、サガマリアージュラボでの経験を表現・発信する舞台として、美術館(MUSEUM)に飾るような人間国宝などの器を使い(USE)、佐賀の食材を才能豊かな料理人たちの技で仕上げた料理が楽しめる期間限定のレストランイベント「USEUM SAGA 2021」(ユージアムサガ)を開催します。

次代を担う県内料理人と国内外で活躍するトップシェフとの饗宴により、県産食材と器を調和させ、佐賀の魅力を表現した料理の数々をぜひ堪能してください。

出演シェフプロフィール

目黒 浩太郎(age 36)
abysse(アビス)/東京・代官山
1985 年神奈川県生まれ。
調理師専門学校を卒業後、都内数店のレストランで修業し、その後渡仏。
ルプティニースパセダ(ミシュラン3 つ星)で1 年間勤務。帰国後、カンテサンス(ミシュラン3 つ星)でスーシェフを務め、2015 年南青山にabysse をオープン。2019 年代官山に移転。2016 年より6 年連続でミシュラン1 つ星を獲得。

増永 琉聖(age 23)
arita huis(アリタハウス)/佐賀・有田

1998 年佐賀県佐賀市生まれ。
佐賀県立牛津高校を卒業後、2016 年オーグー
ドゥジュールメルヴェイユ博多に勤務。
小岸明寛シェフ(太良町出身)のもとで研鑽を
積み、2018 年arita huis に勤務、スーシェフ
を務める。2020 年8 月よりシェフに就任。