BaruComodo直伝のパンチェッタを使った、お店で実際に食べられる定番人気メニューのカルボナーラレシピを大公開!

Daisuke Kinoshita

Daisuke Kinoshita

「BaruComodo直伝のパンチェッタを使った、お店で実際に食べられる定番人気メニューのカルボナーラレシピを大公開!」のアイキャッチ画像

自家製パンチェッタと長寿卵のカルボナーラ

これまで掲載したBLATRAの中でも人気記事のBaruComodo特製パンチェッタ(作ればわかるこの旨さ。BaruComodo特製パンチェッタのレシピを大公開!)を使ったカルボナーラをご紹介。しかも、今回ご紹介するレシピの一覧をよく見てください。気付きますか?

そう、生クリームと牛乳が入ってないんです。これ、忘れたわけではないですよ!

日本では生クリームを使うイメージが強いですが、本場イタリアのカルボナーラはソースに生クリームを使わないんです!生クリームを使うのはむしろ日本だけと言われています。

さて、今回も動画をご用意していますので、ぜひ参考にしてみてください。

【食材】

  • パンチェッタ (80g)
  • パスタ (100g)
  • 卵黄 (2個)
  • 粉チーズ (大さじ2)
  • ピュアオイル (30cc)
  • ニンニク 2片(みじん切り)
  • エクストラバージンオイル (適量)
  • 粗挽きブラックペッパー (適量)

【作り方】

① 麺を茹ではじめる

② フライパンにピュアオイルを入れ、オイルが温まったら、パンチェッタを入れ、表面がカリッとするまで炒める

③ ニンニクが焦げないように火を弱めてから、ニンニクを入れて炒める(その後弱火のまま)

④ パスタの茹で汁を70cc入れる

⑤ 茹で上がった麺をフライパンに入れる
※麺が完全に浸らない程度の水分量にする

⑥ 卵の黄身と粉チーズ(大さじ1)を入れてから、火を止めて余熱でとろみが出るまで和える

⑦ 味見をして塩味が足らなければ、塩か粉チーズで調節して盛り付ける

⑧ 粗挽き胡椒と粉チーズをお好みでかける

⑨ エキストラバージンオイルをかけて完成

監修 / 調理:大賀 慎二(BaruComodo
写真:Makoto Shikuya(Fede) 
文:Daisuke Kinoshita(PLUS ULTRA,inc
記録 / レシピ:大賀 唯(BaruComodo

<関連記事>

作ればわかるこの旨さ。BaruComodo特製パンチェッタのレシピを大公開!

作ればわかるこの旨さ。BaruComodo特製パンチェッタのレシピを大公開!